スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Om Shanti Om

2本目が発芽して「これから頑張るぞ」ってときに長らく滞ってしまいました
今日は、“あの映画”についてご紹介します

先週の土曜日、髪を切りに行ったんです。
そのお店、BGMがいつもヒンディー・ポップスなんですが(だから通っているわけではないですよ)、私がお店にいる間、“あの映画”の曲が2曲も流れたんです。いや~、テンション上がりました~

そして、先ごろ何年ぶりかでコンサートツアーを行うと発表した小沢健二。
私にとっては復活ライブ自体もちろんびっくりですが(チケットゲットに頑張るぞ!)、インタビューの中で“あの映画”を「世界中で楽しまれた映画」と紹介していて二度びっくり!!(ツアー開催に合わせてオープンしたと思われる公式サイト、hihumiyo.net内、「読み物」の第5章で登場します)
オザケンも“あの映画”を楽しんで観たのね~

……。
さぁ、そろそろ「“あの映画”ってなんだよ」とイライラしてくる頃でしょう(笑)

そう、“あの映画”とは……
どどーんっ
omshantiom.jpg
私が2007年末にジョードプルの映画館で観たOm Shanti Om(←音出ます)だっ

このたび、ちょうどインドでDVDを買ってきたところでした。というか、絶対買ってくるつもりでいたんですけどね。
この間もチラッと書きましたが、この映画、ほんっっっとに! 楽しかったんです
夜行列車までどうやって時間をつぶそうか考えながらぶらぶら歩いていた際、通りすがりに発見した映画館で急遽鑑賞したこの1本。観終わった後は大興奮で駅に向かいました。
ストーリーがおもしろかった、というより、歌&踊りのシーンと観客の反応が楽しかったって感じかも。

ちなみに、言葉はほとんどわからなくても、ストーリーは何となくわかります。あくまで、何となく。
今回、DVDを英語字幕で観てちょっとだけ理解が深まって、さらにネット検索して日本語で書かれたあらすじを発見、さらに理解度が増しました。
やっぱり、言葉がわかったほうが何倍もおもしろいよね……
逆に、言葉がわからなくてもあれだけ楽しめるっていうことに、インド映画のパワーを感じます

インド映画なので当然歌&踊りのシーンがあるんですが、途中でいきなり何の脈絡もなく、テニスの試合が始まったり、工事現場で働いていたり!、シチュエーションがガラッと変わるんです。何でもありだな、みたいな 

いちばん好きなのが「Deewangi Deewangi」という曲のシーン。
映画スターが集うパーティーで曲が流れ出し、スターがひとりずつ登場してくる中、パーティーは最高潮に達して……、というテンションMAXのこの場面、スターが出てくるたびに「ヒュ~」とか「キャァ~」とか歓声が上がるんですが、映画館で見たときはスクリーンの中の効果音なのか、実際に館内で響き渡っている肉声なのかわからないくらい大盛り上がりでした。
この曲、サビが英語なので私も口ずさめちゃうんです! しばらく脳裏にこびりついて離れなかったなぁ~ ホント大好きだなぁ、このシーン 
観るたびに、心の片隅で「こういう人たちはインドの中でも頂点に君臨してる人種だろうなぁ」とか「こんな露出度の高いボディコンワンピ、街では一切見かけないけど、男たちはいったいどんな気持ちで見てるんだろうか」とか、いろいろ考えてもしまうんですが。

映画会社(?)がyoutubeにアップしている予告編です。これなら削除されることもなかろう……

たった1分間ですが、十分楽しめたでしょう!?
もっと観てみたい! という方は、検索してみてください。
グーグルビデオで165分のすごいのがヒットします……

ほんっと、オザケンの言うとおり(hihumiyo.net内「読み物」第5章参照のこと。正確にはオザケンではなく、聞き手のうさぎのコメントでした)、つまんないハリウッド映画にお金を費やすくらいなら、そのお金で良質なボリウッド映画をどんどん上映してほしいなぁと切に願います。

関係者の方々、Om Shanti Omは2年も経ってしまいましたが、3 Idiotsならまさに旬
ぜひぜひ日本で上映を どうかどうかお願いしますっ (3 Idiotsを観た感想などはコチラ

↓参加しています
にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

tag : インド 映画 おみやげ

2本目のはじまり

先日、「大人の樹」へと成長したグリムスの私の樹ですが、「次の発芽まであと○日」の後に……
gremz_otona1.jpg

右にあるブログパーツから画像を保存できるんですが、そのフォトスペースに行くといつも決まって、こんなふうに大人の樹が宇宙にそびえたつ壮大な画像がアップされていたので、「私の樹はいつになったら宇宙バージョンになるんだろう」と思っていました。
私の場合、お正月用スペシャル仕様中に大人の樹になり、次の発芽まで…のカウントダウンが始まってしまったので、飛ばされたというか、お正月用スペシャルバージョンが優先されてしまったのかと半ばあきらめてました。うれしいよぉ。

しかし、この画像はわずか1日のみで、今朝パソコンを開いたらすでに新芽が出ていました。
tree_2-0.jpg
宇宙バージョン、昨日昼間に会社で保存しておいてよかった

こうして大人の樹になった私の樹ですが、これから実際に世界のどこかに植樹されることになります。
自宅で好き勝手だらだら書き連ねるだけなのに、それがエコ活動につながるなんて不思議なことだなぁ。

このグリムス、あるキーワードが日記に書かれているといろんな来訪者があるらしいんですけど、1本目のとき、たった1回だけでした。でも、その1回は意図的にキーワードを入れ込んだものなんですよね……(そのときの日記はコチラ
今のところ、キーワードが何か二つだけは判明してるんですけど、さりげなく入れることができずにいて……。そもそも、エコな暮らしを心がけていれば、設定されたキーワードも自然に出てくるものなのかな、とも思ったり。
ひとつ前の「アバター」に関する記述で、がんばればどうにかなったんですが、惜しかった!

2本目ではがんばります!

↓参加しています
にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村

tag : グリムス 自然派

二者択一

昨日、会社帰りに「アバター」(←音、注意! 開くと予告編が流れます)を3D字幕で観てきました。
レディスデイなので、1300円で!(※料金は劇場によって違うみたいです)

実はインド旅行中にあちこちでポスターや看板を見かけ、夜行列車までの待ち時間に観る映画として候補に上がったんですが、上映していた劇場もパッとしない感じだったし、「せっかくインドにいるんだし」ってことで「3 Idiots」というボリウッド映画を観賞。これがまた大正解で
言葉は全然わからないのに、めっちゃおもしろかったんです!
主な出演者は、インドのミスター・ビーン(もしくはトビー・マグワイア)、インドのハリー・ポッター、インドの向井理、インドの松居一代、インドの石立鉄男……。インド映画についてほとんど知らないので、完全なる素人の日本人目線です。ファンの方に怒られるかも……

もしかすると、というか絶対的に、映画そのものだけではなく鑑賞中のインド人の反応も含めておもしろかったんだとは思うんです(大爆笑するわ、口笛吹き鳴らすわ、拍手するわ、彼らは全力で映画を楽しんでいます)。
ただ、2年前にジョードプルで観た「Om Shanti Om」(←音出ます)、それがめっちゃ楽しくてインド映画の味をしめたわけなんですが、そっちは途中から飽きてきちゃったんですよね、ストーリーが。
今回観た「3 Idiots」は、歌&ダンスシーンがあまり多くないのに、泣けて笑えて、本当に楽しい映画でした。インターバルに入るところも「えーっ、この後どうなっちゃうの!?」っていう上手な切り方だったし、たまに入るナレーションにみんなが大爆笑したりすると「あー、今絶対おもしろいこと言ってんだろうなぁ」って、それが本当にもどかしかったです。アメリカやカナダでは英語字幕で公開してるみたいなんですよ。ぜひ日本語字幕で観たいなぁ。
(「3idiots」の予告編やダンスシーンがコチラで観られます!)

で、「アバター」。
自分では絶対観ないタイプの映画なんですが、あまりにも大ヒットしているし、会社に何人もいる映画好きに聞き込みをしたところ、3D映画としての評判がすごくよかったので、観に行くことにしました。
「こんなことならインドで観てくればよかったなー」(たぶん高くても100円くらいだったと思うし)なんても思ったんですが、言葉はわかんないし、3Dじゃなかった可能性大だし、まぁ、これでよかったんでしょう。

感想。

よかった!

これまでもこんなふうに、人間の自分勝手な行動でたくさんの動物・植物が絶滅していったんだろうなぁと容易に想像がつき、悲しくなりました。やっぱりちゃんと日本で字幕つきを観てよかった
3Dだからよかったのかと聞かれたら、それはわかりません。
映像は美しかったし、3Dめがねをはずし気味にチラチラ観てみたりしましたが、そこまで激しく3Dって感じではないみたいでした。だからこその美しさなのかも!? 初3D映画なので何とも言えませんが……。

こちらはアラハバードの旧市街で撮った映画のポスター
3idiots.jpg

ちなみにこの映画を観た後、夜行列車に乗るべく駅に向かったわけですが、なんと 15時間以上駅で待つ羽目に こんなことなら「アバター」観れたじゃん?

インドの列車は遅れる、とよく言いますが、こんなの初めてでした……。「私は決して到着するはずのない、幻の列車を待っているのかしら?」と心底不安になりました。待つだけで何もできない時間、ほんっと辛かった ジーンズに鳥の糞を落とされても、それをぬぐう気力さえ失せたくらい。

そんななか、ホームで少年に話しかけられ質問攻めにあい辟易していたんですが、その子がしきりに勧めてきたスナックがめちゃめちゃおいしくて、それが唯一の(笑)救いでした。同じもの買いたかったのに、見つからなかったなぁ。
半日遅れて到着したのはラージダーニという高級列車だったんですが、前日早朝からほぼ眠っていなかったために、2回の食事とトイレ以外はずーーーっと寝てました。しかも、「夜は暖房の効いたぬくぬく車内で寝るだけだから♪」とあえて薄着でいたのに、一晩中過ごした待合所がめっちゃ寒くて鼻風邪引いちゃったし。踏んだり蹴ったりでした。
それにしても、1日余裕を持たせた日程にしておいてホントよかったです。そういう意味ではいい勉強にはなりました。


長くなっちゃいましたが、「アバター」に関してネタバレというか、これから観にいく人には言わないほうがいいかなぁと思うんだけど書きたいことがあるので、下の「続きを読む」に記します。
観にいく予定のある人は、観た後に読んでくださいね。

あ、映画つながりで書きますが、香港から帰る機内で観た「カールじいさんの空飛ぶ家」(←音、注意! 開くと予告編が流れます)がめちゃくちゃよかった! 絶対オススメです!
もう一度、ちゃんと劇場で観なくちゃと思ってます。(ちなみに会社の映画通によると、コチラは2DでOKとのこと)

↓参加しています
にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村

続きを読む

tag : インド 映画

旅を振り返って

今回の旅を、少し振り返ってみることにします。

まず、初日。
成田から上海へ、昼過ぎ着。インドへのフライトが夜だったため、街に繰り出して観光して過ごしました。
久しぶりのひとり旅、特に緊張感もなく、高揚感もなく、成田を発ち上海に到着してしまい、逆にそれが心配だったんですが、上海の空港で荷物を預け終わった時、「旅に来たーーーっ」という実感が沸沸とこみ上げてきて、旅の感覚を取り戻せた感じです。

つまんない写真でしょう?
これ、荷物を預けてリニアモーターカーに乗るべく空港内を移動しているとき、ふと旅のにおいがしてテンション上がった瞬間なんです。
pudongairport.jpg
旅のにおいって? と聞かれても、説明なんてできないんですが、とにかくわくわくする旅のにおい。

上海からデリーへのフライトは、エアインディアのホームページで自力で予約したのでちゃんと予約できていたか心配でしたが、無事乗ることができました。が、機材のトラブルで約4時間の遅延 一時、空港と飛行機をつなぐアコーディオンみたいな通路の中で待たされる羽目になり、寒かった~~~ 逆に言えば、デリー着が朝の8時前だったので、空港で夜明けを待たずに済んだと思えばいいっちゃいいんですが。
ちなみに、予約する時に必須項目なのかと勘違いしてうっかり食事を選んじゃったんですが、それは完全に無視されてましたね。何も聞かれず、ノンベジご飯をどんと置かれました。
今回の旅では2人の日本人と話す機会があって、そのうちのひとりがこの機内だったんですが、その人は何も聞かれずベジご飯をどんと置かれたみたいです。たぶん、パラークパニール。おいしかった~!って絶賛してました。ノンベジのほうもおいしかったですよ。その辺はさすがエアインディア

そしてデリーに到着して、この旅でいちばんショッキングで、その後も事あるごとに思い出し続けたトラブルがあったんです。それは、プリペイドタクシーのカウンターで手品のように400ルピー騙し取られたこと 旅行中にアップした日記に34歳詐欺女の話を書きましたが、これにつながっています。
詳細を書くと、料金270ルピーのところ500ルピー札を出したら「小銭ないか?」と聞かれ(インドではお釣りがないことが多いので、小銭を要求されることが多い)、財布を探っている間に100ルピーにすりかえられるという、考えられないくらい単純な手口だったんですけど、そのときテンパッていたこともあり、自分の勘違いかと思っちゃったんですね。ご丁寧に「これって私の100ルピー?」なんて逆に質問したくらいです。
そのあと、タクシーの中で「やっぱり何かおかしいなぁ」と500ルピー札を数えたら、やっぱり1枚足りなくて、「やられたーっ」と気づいた次第です。
いや、なんかね、見事すぎて逆に感心しちゃったくらいです。たしかに、完全に油断してました。このカウンターのおやじも34歳詐欺女も、「だまされたほうが悪いでしょ」っていう考え方ですよね。悲しいことですけど、人を疑う心もある程度必要だなと、身が引き締まる思いでした。某ガイドブックに投稿しようかな、マジで。昔載ってたような気もするんだけどな、イミグレ通った後の両替のことなんかも……。

そのあとも、いろんな人がいて、いろんなことがあったんです。
バナナを4本買ったはずなのに、包みを開けたら3本しか入ってなかった、とか。
りんごを買って包みを開けたら、量りに載っていなかったはずの味見用にカットしたりんごにすりかえられていた、とか。
タクシーでわざと遠回りされた、とか。
そういうことに逐一プンスカしてましたが(りんごの件は、どちらかというと悲しい気持ち)、プリペイドタクシーの400ルピーに比べたらかわいいもんだよな、って思っちゃった自分がいました。

今回、結構サイクルリキシャに乗ったんですが、10ルピーだ、15ルピーだ、20ルピーだ、ほかのインド人に値段を聞き込みしたりして細かく値段交渉して乗り込んだあと、リキシャワーラーの背中を眺めながら、毎回複雑な気持ちになりました。あの400ルピーを思い出しては「この5ルピーの攻防って一体……」って。この人はこんなにがんばってるのに、プリペイドタクシーのアイツは……って。
今、打ってて思ったんですが、なんだか太宰治の『トカトントン』みたい。(ご存じない方はコチラをどうぞ)

ヴィヨンの妻 (新潮文庫)ヴィヨンの妻 (新潮文庫)
(1950/12)
太宰 治

商品詳細を見る


ほかには、純粋にいい人と、下心ある人の見極めって難しいな、とか。
「疑ってゴメン」みたいな……。

長くなっちゃったので、また書きます。
たぶん書くと思います。
書くんじゃないかな。
ま、ちょっと覚悟はしておけ(by さだまさし)

さだまさし ベストデビュー30周年記念リマスター盤さだまさし ベストデビュー30周年記念リマスター盤
(2003/01/22)
さだまさし

商品詳細を見る


↓参加しています
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

tag : インド 中国 音楽

大人の樹:1本目

今日こそは旅を振り返った日記をアップしようと思ったんですが、お腹の調子が悪いのと、グリムスがいきなり大人の樹に成長したので、今日はグリムス成長の記録をさかのぼる形でアップします。
今まで、ちまちま撮りためていたので
まさかピンクになるとは思わなかったです。2本目も楽しみだなぁ

 * * * * * * *

お正月バージョン夜。空の色がいつもと違います。何の前触れもなく、突然、大人の樹に
tree_otona-1.jpg

クリスマスバージョン夜。濃紺の夜空にサンタのシルエットが。
tree_153.jpg

だいぶふさふさしてきました。
tree_144.jpg

夕暮れ時。
tree_123.jpg

まだまだ感があります。
tree_114.jpg

だいぶしょぼい。
tree_112.jpg

ハロウィンバージョン。あとこの間、1周年記念を迎えました(その日の日記はコチラ)。そしてこのあと、カボチャが増えました(その日の日記はコチラ)。
tree_96.jpg

グリムス自体が2周年記念。
tree_75.jpg

一気に成長。
tree_68.jpg

若干成長。
tree_50.jpg

ついに樹の片鱗が見えてきました。
tree_43.jpg

こんな時代もあったのね。
tree_24.jpg

それ以前のものは、右側のタグで「グリムス」をクリックしてご覧ください(手抜きでごめんなさい)

結局、お客さんはスライムしか来なかったなぁ。
やっぱり、無理矢理キーワードを入れ込まないと厳しいのかなぁ。

↓参加しています
にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村

↓おまけの1枚

続きを読む

tag : グリムス

コラーゲン鍋の素

年末年始の旅について書きたいところなんですが……

だいぶ前に、「モラタメで全然当たらない!」と嘆いていた矢先に当選した「コラーゲン鍋の素」3種です。
トラックバックの締め切りが今日なので、滑り込みセーフ!
当選嬉し~い


届いてすぐにストレートタイプを、インドから帰ってすぐに濃縮タイプとボールタイプを大急ぎで試しました。
koragen_nabe.jpg

【ストレートタイプ】
濃厚だけど、しょうがの効いたさっぱり味。具材を少なめにしたせいか、味濃かったです。
翌朝、鍋の中がプルンと固まっていてニヤリとしたのを覚えています。
だからこそ、やっぱりスープを1滴も残さず摂取したいので、味が濃い目なのはどうかなぁと思った1品。
ひとりだから1回で使い切るのも大変だし、自分では買わないな。

【濃縮タイプ】
味はストレートタイプと同じです。説明書きによると、素1に対して水2で希釈だったんですが、それではやっぱりしょっぱすぎで、豆乳で5倍くらいに薄めてシチューみたいにして食べました。
「開封後は使い切ってください」というルールを完全に無視した食べ方ですが、おいしかったです! これならまたやりたいかも。

【ボールタイプ】
居酒屋の鍋なんかでもおなじみのコラーゲンボール。本当は豚汁に入れたかったんですが、トラックバック期限が迫っていたため、ありあわせの材料で作れたカレーに投入してみました。
ルーを入れる前にボールを入れてしまったので、味に変化があったのかはわかりませんが、使うとしたらこれかなぁ。
やっぱり味が自由に決められるのがいい。でも、コラーゲン摂取のためにわざわざ買うかどうかはなんとも言えません。

↓参加しています
にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村

tag : ごはん モラタメ

ただいま

報告が遅くなりましたが、5日の夜、無事に帰国しました!

到着した成田空港で「あと5分早ければ!」というところで吉祥寺駅行の最終バスを逃し、京成線を乗り継いで帰宅。
家に着いた頃には23時を回ってしまいました。
前日、ほとんど寝ていなかったので奮発してバスで帰りたかったんですが、まぁ、そこは節約したと思えば、ね。

翌日から会社で、帰国した旨の記事をアップせねばなぁと思いつつ、旅の荷物を片づけたり、年賀状の返事を書いたり、遅ればせながらセールに繰り出したり、録画しておいたビデオ観賞など、毎日雑務に追われていました。

帰路を簡単に振り返ると、1月4日の夕方、エアアジアの便でコルカタ→クアラルンプール。
コルカタでは空港までローカル列車で行きたかったんですが、時間がなくなり断念。
最後はお金も時間もなくなって、最寄のバス停から空港まで歩くハメに。
精神的に追い詰められました(笑)
ただ、何人ものインド人が世話を焼いてくれてうれしかった。

クアラルンプールでは空港近くのチューンホテルに宿泊。とはいえ、深夜到着・早朝出発のため、ホテルを利用できたのはわずか4時間ほどでしたが、シャワーを浴びてりラックスできたのでよかったです。マレーシアの暑さは半端なく、頭に浮かんだのは、真っ先に「ビール!!」。もちろん買って飲みました

そして翌朝、同じくエアアジアの便で香港へ。
香港では成田行きの便まで3時間くらいあったので、ワンタン麺を食べに九龍あたりまで繰り出そうかと考えていたんですが、空港が充実していたので空港ビルをウロウロして過ごしました。
そして結局、お金も時間も足りなくなった!!(笑)
いやー、香港の空港はいたるところに両替所があって、かなり誘惑されました。
最後に残ったお金で、maxim's deluxeというパン屋さんでパンダンケーキを買って帰ってきたんですが、これがめちゃめちゃおいしくって!!
鮮やかな黄緑色のシフォンケーキなんですが、味はよくわからなかったけど、びっくりするくらいソフトでふわっふわでした。
あー、もっと食べたかった!!
写真を撮らなかったのが悔やまれます。

心配していたエアアジアですが、いやー、全然快適でしたよ(行きに乗った上海→デリーのエアインディアが、遅れるわボロボロだわで、ひどくてひどくて……)。
コルカタ→クアラルンプールでは じょんて★もーにんぐ似の、クアラルンプール→香港ではアンディラウ似の、素敵なCAさんが搭乗してましたし。
それから、離着陸の時に見たクアラルンプールの夜景がほんっときれいで、最高でした
ぜひ、また利用したいですね。そう考えると、インドもそう遠くない気がしてくるから不思議です。

旅の詳細については、ネタが温かいうちに小出しにしていきます!
いろいろとあったトラブルについてなど……

今回は、いろいろ考えさせらることが多かったように思います。忘れているだけで、毎回考えてるのかもしれないけど……。
それから、いつのまにか旅慣れている自分に気づきました。自分なんてまだまだ、と思っていたのに。習うより慣れよ、ですね。ちなみに今回も、幸か不幸か、日本人旅行客とはほとんど絡む機会がありませんでした。

コルカタにて、空港へ向かう車窓から撮った1枚。
toAIRPORT.jpg

今、デジカメの画像を初めてちゃんと確認したんですが、残念なものばかりでした(泣)
レゴ写真がピンボケなのは言わずもがなですが……
しかも、今回自分の写真が1枚もありません。1枚くらい撮っておけばよかったな。

↓参加しています
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

tag : インド マレーシア 香港

from Kolkata

あけましておめでとうございます!
みなさん、お元気ですか?(井上陽水は意識していません)

トラブルが結構いろいろありましたが……、なんとかコルカタに到着しました!
トラブルについては後日、戻ってからゆっくりアップしますが……、34歳詐欺女は不審死の件で逮捕されたんでしょうか? それが気がかりで仕方ない感じのトラブルです。
今回、久しぶりのインド、久しぶりのひとり旅、そして自力で取得した航空券という不安要素満載でしたが、どうにか旅の感覚を取り戻して今日に至ります。
旅のハイライト・アラハバードでは、残念ながら天気が悪く初日の出は拝めなかったんですが、帰り道に立ち寄ったチャイ屋で見知らぬ親父が「Happy new year」と言ってチャイをおごってくれました。
そんなインドが大好きよ

とはいっても、もう明日にはインドを離れます。
インド→マレーシア→香港→東京という乗り継ぎ、今度は無事に帰国できるかの心配です。
そして心配性ゆえ、帰ったらアパートが炎上してたらどうしよう(出発前の自分の火の不始末が原因の)とか、そんなことまで考えたりして……

それではまた、無事に帰ったら改めて!
Happy new year, again !
チャイは自分で淹れてください

tag : インド

プロフィール

えつ

Author:えつ
旅とレゴと私」分室です。ホームページもブログも近頃放置気味……。インド好き。

※「LEGO」「レゴ」はLEGO Group.の登録商標です。このブログはレゴジャパンおよびLEGO Group.とは一切関係ありません。

FC2カウンター
村民です
旅行ブログ(インド旅行)、OLブログ、その他趣味(LEGO・ブロック)に参加しています。
育てています
カレンダー
12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
ユーザータグ

自然派 グリムス 西荻窪 音楽  東京 モラタメ マレーシア  チベット おやつ ごはん タイ 斉藤和義 中国 香港 ラオス テレビ レゴ おみやげ インド 手作り  ピクトグラム 買い物 映画 ベトナム ゲーム  シンガポール 

最新コメント
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。